FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2013-02-12 Tue 19:17
 こんばんは。
_DSC2100-1.jpg
 今日はチョット複雑になりました・・・
 同じ職場で同じ年の方の旦那さんが先日お亡くなりになりました。まだ若い旦那さんでした。心臓が突然狂ってしまったようでして・・・お子さんも小さいのに・・・。ただ、旦那さんのことは詳しく知らなかったので同僚の方の悲しみを忍んでいました。今日、葬儀の案内を目にしたときに衝撃が走ったんです。旦那さんの名前、年齢にとても見覚えがあったので。私が高校生の時の先輩でした。しかも、勇気を出して告白した直後にフラれたんです。その後も、先輩が卒業するまでは仲良かったんですが・・・。過去に好きだった人が亡くなるなんて初めてのことで、悲しみに加えて安心のような感覚がありました。同僚の方から、お子さんの話や家庭の話を聞いていたので、短かったけど幸せな人生だったんだろうなぁ・・・と。今はご冥福をお祈りするだけです。
 暗いお話でスミマセン
_DSC1982-1.jpg
 
 気分を変えましょうね。
 先日、私には最高の時間がありました。杉浦則夫先生の緊縛桟敷の会員の方たちと先生と私で欲望のままの時間を過ごしました。緊縛新聞にも掲載してある通り、いつもながら記憶が無いので・・・。
 反省会はいつもにまして盛り上がりましたね。普段はなかなか話せないようなことを、昔からの仲間のように・・・。ビールは美味しいし、話は楽しいし、素敵な反省会でした。もう少しゆっくりと飲みながら語り合いたいですね。できる事なら、憧れの女体盛りで疲れを取ってあげたいです。
 予定では3回で終了でしたが、皆さんの要望もあり4回目の開催が確かなものになりました。また皆さんに逢える、心の内にしまっていた欲望を私に与えてくれる、そう思うと明日にでも開催したいくらいですね。
 次の日時を早めに検討しなくては・・・(^^)
_DSC5992-1.jpg
 集いの次の日も縄をしました。この日はいつもと少し趣向が違いました・・・近いうちにツイッターに画像をアップできると思います。先生、試行錯誤真っ最中のようです(*^_^*)
 
 今回のブログの画像、過去のモノでスミマセン  書きたいことがまとまらない状態で書いているので、書いている本人がよく分からなくなってきました・・・。また、近々書きます。

 美帆
別窓 | ヒトリゴト | コメント:2 | トラックバック:0
お礼・・・
2013-02-01 Fri 21:52
 こんばんは
昨日、杉浦先生といつものようにプライベート縄&撮影をしてきました。
 
 なんにも変らない1日かと思っていたのですが、思いもよらない出来事が・・・

 
 _0012442-1.jpg
 上の画像は先生も私お気に入りの和室のラブホテルで撮影したものです。おそらく初めてこのホテルを利用した時に撮ったものだと思います。
 今どきのラブホテルとは違い、部屋まで案内してくれてお会計もホテルの方に手渡し・・・いわゆる昔のままのホテルなんでしょうね。私は、すごく好きでした。
 何度か利用するうちに、何も言わなくても当たり前のように、梁のあるいつも同じ部屋に案内してくれるようになりました。先生がハンカチを忘れたときも綺麗に洗濯をしておいてくれました。信じられないようですが、吊りをした後、梁に縄をかけたまま帰ってしまった時も縄を保管しておいてくれました。  ラブホテルというよりは行き慣れた宿みたいな感じでした。
0012-1.jpg
 電子書籍の和室編はこのホテルのおかげです。梁のある和室が他には見つからず、常に足を運んでいました。
_0014206-1.jpg
 このホテルでは、いろいろな事ができました。本当にありがたいホテルでした。

 今回のブログ、このような内容を書いたのは意味があります。
 昨日の退室の際に「虫の知らせでしょうかね・・・」とホテルのおばさんに言われました。実は29日に利用しているので31日には来ないと思っていたんだと思います。先生も私も、何も考えずに29、31とホテルを利用しただけなんです。が、「今日でここは終わりなんです・・・」と言われました。正直、ショックで声が出なかったです。次の瞬間に涙が溢れてきて・・・おばさんと一緒に泣いていました。  すごく思い出が詰まっている場所ですし、普通のラブホテルには消えてしまった人の温もりがあった場所です。時代が求めるホテルではないかもしれないけど、無くなってはいけない、無くなってほしくないホテルでした。とても残念です。一時休業であってほしいです。また利用したいですね・・・ 最後の日に利用できたことだけは良かったと思っています。過去の画像を見ていると、またあの部屋に行きたくなってしまいました・・・
 一つのお店が閉じることに涙を流したことなんて初めてでした・・・とても粋なおばさん、好きでした。再開した時は、またお邪魔しますね。

 美帆
_DSC4308-1.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 哀艶を求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。